INTERVIEW

売りたい人と買いたい人
双方が納得できる“橋渡し”を

大阪不動産流通部 総合職 主任

2011年4月入社

K・K

大阪不動産流通部について

土地や一戸建て、マンションの一室だけでなく、一棟のビルやマンションなど、さまざまな不動産の、“売りたい人”と“買いたい人”の橋渡しをするのが不動産流通部の仕事です。お客様との打ち合わせを積み重ね、双方が納得できる形で要望を最大限に実現させる。書類や資料づくりといった地道な作業も多いですが、二つの幸せのサポートができることは、誇りでありやりがいです。

住商建物のどんな部分に魅力を感じ入社しましたか

K・K:さまざまな部署があり、不動産を総合的に経験できることが自分の強みにつながると考えました。入社直後は販売部に配属されましたが、ノルマがまったくないことに驚きましたね。無理やり売るということがないので、常に「お客様のため」という考えで行動できる。それは自分の成長にもつながりますし、ストレスなく仕事ができるということは、良い意味でのギャップでした。それに、挑戦することを容認してもらえる社風が私には合っています。異動の希望も出せるので、いろいろと経験できると思いますよ。

この仕事を「やっていて良かった」と感じた瞬間は

K・K:やはり「あなたに任せて良かった」とお客様に言っていただいたときですね。売り手、買い手と双方に要望があるのですが、それが乖離していることもよくあります。そんなときでも、落とし所を見つけられるように方法を考える。それが自分もお客様も納得できる形につながっていくのです。「それは無理です」と諦めない姿勢が信頼につながったのだと思うと、やりがいがありますよね。さらにそのお客様から別の案件でも依頼をいただいたときは、自分の仕事が認めてもらったと思えて嬉しさもひとしおです。

お客様のために“一歩踏み込んだ” 提案をしたことはありますか

K・K:売り買いどちらの立場にも満足度の高い取引にするためには、お客様の希望すべてにそのままYesで答えないことも必要。互いの希望をただ伝言するだけでは、仲介として立つ意味がありません。情報は正しく、しかし、一方だけが不利にならないように調整しながら、よりよい着地点を探り続けることで、関係者みんなが「頼んでよかった」と感じられる結果になるはずです。

働いているからこそわかる、住商建物の魅力とは

K・K:「やりたい」という挑戦の意思を叶えようとする空気ではないでしょうか。大阪支社では2年ほど前に、新規ビジネスタスクフォースチームというものが結成され、私もそのチームに所属しています。そのときに、わからないことがたくさんあったのですが、社内の人に聞くと解決するんですよね。挑戦する土壌も知恵も、すべてが揃っているんです。それに、不動産を一貫して扱える会社というのはそうそうない。つまり会社としても、大きな可能性があると考えています。だから、新しいことに挑戦したい人には最高の環境だと思いますよ。

INTERVIEW

RECRUIT

人々の幸せな生活を支える、
新しい仲間を募集します。

人々の安心・安全のある暮らしを支え、
幸せをつくり出すのが私たちのミッションです。
大きなやりがいのある不動産サポートを、
あなたも仕事にしてみませんか。

募集要項を見る