INTERVIEW

オーナー様に安心して
物件を任せていただけるように

賃貸事業部 賃貸第一チーム

2014年4月入社

A・K

賃貸事業部について

賃貸物件の、申込審査や契約、更新、退去処理まで一手に手掛けているのが賃貸事業部です。また、担当物件で工事があれば、その見積もりから施工管理まで行うという一面も持ちますので、扱う分野が多い分、必要な知識も多くなってきます。しかし、仕事が認められると多くの物件をオーナー様から任せていただけ、目に見える数字で信頼が表れることにやりがいを感じます。

住商建物のどんな部分に魅力を感じ入社しましたか

A・K:もともと、不動産仲介会社をメインに就職活動をしていました。その中で管理会社や販売会社というものがあることを知り、さまざまな部署があって“なんでもできる”という当社の環境がとても魅力的でした。また、説明会や選考を受けていく中で、住商建物特有の温かさや柔らかい空気が自分にマッチしていると感じました。ここでなら働きながら成長できる、そして何にでもなっていける、そんな経験をさせてくれるのではないかと期待しています。

この仕事を「やっていて良かった」と感じた瞬間は

A・K:やはり、オーナー様に新たな物件を任せていただけたときでしょうか。会社はもちろんですが、私という一人の人間を信頼してくれたということを実感できる瞬間です。“信頼=お任せいただく数”というように、成果がわかりやすい点が良いですね。契約などの手続きを進める際には、周りとの連携が不可欠ですので、自分だけではなくチーム全体のスタッフを俯瞰するようにしています。他のメンバーの作業状況を把握しておくことで、担当案件をスムーズに進められることが多く、それがお客様の信頼につながっていると感じます。

お客様のために“一歩踏み込んだ” 提案をしたことはありますか

A・K:オーナー様の賃貸管理に関する知識が、必ずしも十分であるとは限りません。そのため、契約書類の作成や工事計画の立案といった基本的な要望に応えるだけでなく、“将来的にお客様にとって有益になる”提案をすることが重要です。たとえば、インフラ系の細かな手続きを先回りしてやっておくことであったり、修繕箇所をまとめて提案したり。ご本人も気がついていないニーズを叶えることで、最大限に喜んでいただくということを心掛けています。

働いているからこそわかる、住商建物の魅力とは

A・K:目先の成果だけにとらわれないという、居心地の良さでしょうか。不動産会社というと、ノルマにとらわれるあまりギスギスしているということがよくあります。当社の場合はそれがないので、自然と余裕も生まれて積極的に意見を言うこともできます。若い層ものびのびと仕事をしていますし、結果的にお客様の信頼という部分に重きを置ける、それが成果にもつながっているのだと思います。だからこそ、周囲とうまくコミュニケーションをとって、各々ができることを最大限にやっていくことが大事だと実感しています。

INTERVIEW

RECRUIT

人々の幸せな生活を支える、
新しい仲間を募集します。

人々の安心・安全のある暮らしを支え、
幸せをつくり出すのが私たちのミッションです。
大きなやりがいのある不動産サポートを、
あなたも仕事にしてみませんか。

募集要項を見る